乗らないバイク 税金

乗らないバイクでも税金が発生しちゃいます!

乗っていないバイク(ナンバープレートが付いているバイク)は、登録済みなので、4月になると税金の納付しなきゃならないんですよ。

 

乗ってないバイクが車庫にでもありませんか?
3月中に廃車手続きをしなければ、4月になったらまた税金がかかってしましますよ。

 

4月1日現在で登録してあるバイク(ナンバープレートが付いているバイク)
には、1年間の税金がかかってしまいます。

 

当分乗る予定がないバイクだったら、廃車手続きした方がお得ですよ。

 

また乗りたくなったら、ナンバーを取得すればいいだけですし。

 

自賠責保険は切れていても、乗らないなら問題ないですけど。

 

それよりも、バイクって約3か月くらいほっとくと
バッテリーが上がっちゃいますよ。
6か月以上たつと、キャブ(電子制御燃料噴射装置)が詰まっちゃう可能性大ですし。
プラグもダメになっちゃいますし。

 

バッテリは充電すれば使える可能性もありますが、長期間乗っていなかった場合にはバッテリーがダメになっていて充電もできない状態の可能性も大ですね。
そうなるとバッテリーの交換しかないですし。
キャブ(電子制御燃料噴射装置)が詰まっちゃうと、バイク屋さんに直してもらわないとですけど。これって、けっこうお金取られちゃうはずです。
プラグも火花が飛ばない状態だったら、交換ですね。

 

もしも、当分そのバイクに乗らないようでしたら、売ったほうがいいと思いますよ。

 

>>乗らないバイクを売る<<

バイクの税金が2倍に上がっちゃった!!!

2016年度からバイクの税金が高くなったんです。

 

バイクの税金

 

【原動機付自転車】50cc以下の原付バイクや原付スクーターは以前の倍に!
改正前は千円だったのが、二千円に。
【原動機付自転車】50cc以上90cc以下のバイクは1200円が2000円。
【原動機付自転車】90cc以上125cc以下のバイクは1600円が2400円。
【軽二輪車】125cc以上250cc以下のバイクは2400円が3600円。
【小型二輪車】250cc以上のバイクは4000円が6000円。

原付バイクの廃車手続きは?(125cc以下のバイク)

原付や125cc以下のバイクの廃車方法とは
市役所にナンバープレートを持っていけば、簡単に廃車できます。
廃車申告書を記入してナンバープレートを返納すればOKです。
廃車証を受け取って終わりです。

 

問題は車体の処分ですね。
タイミングよく廃品回収業者が来てくれれば、回収してもらえますが
自分で解体屋(スクラップ業者)にもっていくには、自走できないので車に積んでいくしかないですよね。

 

車体の処分の方が大変ですね(-_-;)

 

126cc以上〜250cc以下のバイク(軽二輪自動車)の廃車手続

運輸支局(自動車検査事務所)にナンバープレートを持って行って、必要書類を記入すればOKです。
軽自動車届出済証返納届を記入する。
軽自動車届出済証返納証明書交付請求書を記入する。
軽自動車届出済証返納証明書を受け取って終わりです。

 

問題は車体の処分ですね。
タイミングよく廃品回収業者が来てくれれば、回収してもらえますが
自分で解体屋(スクラップ業者)にもっていくには、自走できないので車に積んでいくしかないですよね。

バイクをお得に廃車する裏ワザとは

バイクを廃車するには、市役所や運輸支局(自動車検査事務所)にナンバープレートを持って行って、必要書類に記入すれば廃車できるんですけど。
そのためには、会社を休まないとダメなんですよね。
役所は平日しかやっていないですからね。

 

もっと問題なのは、ナンバープレートを外して廃車したバイク車体の処分です。
解体屋(スクラップ業者)にもっていけば、、それでイイんですけど。
廃車したバイクは自走できないので、車に積んで持っていくしかないんですよね。

 

有給をとって役所に廃車手続きをするのは、まだできますけど。。。
レンタカー屋さんでトラック借りてバイク積んでスクラップ屋に持っていくって・・・ハードル高いですよね。

 

しかし・・・

 

あるサービスを使うことで、複雑で面倒なバイクの廃車手続きをマル投げできて、思わぬ副収入にもなるかもしれないそんな方法があります!

 

それは・・・・・・

バイク王の買取サービスです。

バイク王

 

バイク王は、乗らないバイク、動かないバイク、眠っているバイク・・・どんなバイクでも買取してくれます。

 

さらに、廃車手続きも無料で代行してくれるんです!

 

廃車を無料でしてもらえるうえに、バイクの買取でお金がもらえたらラッキーですよね。

 

試してみる価値ありますよ。

 

>>バイク王のお試し査定はこちら<<