バイク買取/査定/相場

スズキのバイクを日本一!高額で買取/査定してくれる業者ランキング!<買取相場>

高額買取の裏ワザ画像

 

見出し画像

 


バイク王画像

 


バイクランド画像

 


バイクワン画像

 

 

スズキは、1909年に鈴木式織機製作所として創業しました。1954年に鈴木自動車工業株式会社に改称し、その後オートバイと軽自動車を販売する。
スズキは、「人と同じ事はやらない。やるなら世界一を目指すのがスズキ」らしいです。バイクでも、世界で唯一のローターリーエンジンのRE-5を発売しました。また、現在人気の大型スクーターも、スズキのスカイウェイブ400が皮切りである。
軽自動車は、長年日本国内でナンバーワンでした。OEMで日産自動車やマツダにも供給している。
スズキは、インド政府との合弁会社マルチ・ウドヨグがあり、インドでのシェアは約50%にもなります。

 

 

 

スズキのバイクの買取査定関連コラム

1980年代のレーサーレプリカ全盛期には、RG250ガンマが大ヒットする。その後400cc・500ccも発売されるが、日本の免許制度のせいで販売は振るわなかった。
しかし、RG250ガンマは、クラストップレベルの45馬力で、バイク業界の馬力競争の発端になった。
スズキの名車としては、1969年に発売されたハスラーですね。その後ハスラーはモデルチェンジをしながら長年発売されます。ハスラー1型(TS250)は、250ccの2サイクル単気筒エンジンにアップマフラー。ハスラー5型は、仮面ライダーV3にも使用された。
1981年に発売された、KATANAは衝撃的なデザインでした。GSX1100S KATANAは海外で販売され大ヒットした。国内では750ccを上限とする自主規制があったため、750ccで発売された。GSX-R1000も油冷エンジンなど独創的なバイクでしたね。その当時、160馬力のエンジンはダントツで、改造範囲の狭いプロダクションレースでは、GSX-R一色の時代もありましたね。また、ファンキーなバイクな、バンバンもありましたね。90ccから始まり、125、50、75ccと発売されました。2サイクルエンジンの力強さもあり、人気でしたね。今でもレストアで人気になってますよね。1970年代は、スズキも絶好調の時期でしたよね。この当時は、50ccも結構スピードが出ましたよね。スズキでは、RG50、TS50、OR50なんかも80キロくらいは出ました。今では考えられないですよね(笑)グースなんかも独創的なバイクでしたね。車名の由来は、マン島TTのGooseneck(雁の首)という有名なヘアピンコーナーの名にちなんだものなのですが、単気筒の250と350で、レーサーレプリカに対抗したバイクでした。現在スズキで生産されているバイクは、レッツ4/パレット/バスケット、アドレスV50、バーディー50、アドレスV125、アドレスV125S/Sベーシック/Sリミテッド、バンバン200、GSR250、ST250Etype、スカイウェイブ250S/SS/M/リミテッド、ジェンマ、グラストラッカー/ビッグボーイ、イントルーダークラシック400、スカイウェイブ400S ABS/リミテッド ABS、ブルバード400、GSR400 ABS、グラディウス400 ABS、スカイウェイブ650/LX、バンディット1250 ABS/S ABS/F ABS、GS500F、GSR600/750、SV650SF、GSX-R600、GSX-R750、GSX-R1000、ハヤブサ1300(GSX1300Rハヤブサ)(隼)、V-Strom 650/1000、B-KING、SFV650グラディウス
昔と比べると、なんか・・・寂しいですね。

スズキのバイクを日本一!高額で買取/査定してくれる業者記事一覧

GSX1300Rハヤブサを日本一!高額で買取/査定してくれる業者ランキング!<買...

スズキのGSX1300Rハヤブサは、1999年に発売されました。ギネス記録に量産車として無改造で世界最高速度の時速312.6kmを記録したことで登録されています。(公道走行可能な市販車両で世界一速いバイクとして)今まで、バイクメーカーの一つの目標でもあった、最高速度時速300kmを大幅に超える性能の...

≫続きを読む

GSX-R1000を日本一!高額で買取/査定してくれる業者ランキング!<買取相場...

GSX-R1000は、スズキの最大排気量のスーパースポーツバイク(レーサーレプリカ)である。2001年より海外向けとして販売されている。発売当初はホンダやヤマハよりパワーで勝っていたためプロダクションレースでは、GSX-R1000一色の時期があった。毎年どこか見直されて、進化しているバイクである。そ...

≫続きを読む

スカイウェイブを日本一!高額で買取/査定してくれる業者ランキング!<買取相場>

スズキのスカイウェイブを高額で買取査定してもらうなら、いくつかの買取会社に競争してもらいましょう!!!たったこれだけで、数万円は違ってきます(;^ω^)・スズキのスカイウェイブは、中古でも人気のあるスクーターです。・なんたってカッコイイですから。・250以上の大型スクーターは人気ありますからね。・買...

≫続きを読む

アドレスV 125を日本一!高額で買取/査定してくれる業者ランキング!<買取相場...

アドレスV 125は、スズキの4サイクルエンジン搭載のスクーターです。2005年に発売。電子燃料噴射を採用して、当時は250ccスクーターと同等の加速性能や、100キロを超える最高速などから、人気になりました。メッセンジャー便にも採用されています。選ばれた理由は、加速性能と軽量でコンパクトな車体が扱...

≫続きを読む

グラストラッカー(ビッグボーイ)を日本一!高額で買取/査定してくれる業者ランキン...

スズキのグラストラッカーは、4サイクル単気筒の250ccのバイクである。デザイン的にはダートトラッカースタイルである。ヤマハのTWのカスタムが流行ったので、それにのって2000年に発売される。軽量な車体と低いシート高で足つき性がよく、取り回しやすいので、初心者や女性にも人気である。同シリーズに、グラ...

≫続きを読む

バンバン 200を日本一!高額で買取/査定してくれる業者ランキング!<買取相場>

スズキ バンバン200は、空冷4サイクル単気筒の250ccのバイクです。1970年代に発売されて人気となったバンバンシリーズ(バンバン90、バンバン125、バンバン50、バンバン75)に肖って付けられた車名と、似たデザインのバイクです。極太のファットタイヤと太いマフラーなどが特徴です

≫続きを読む

スズキのGSR750,400,250を買取してもらうコツ!

GSR750,400,250買取査定相場コラムGSR750,400,250の特徴は?スーパースポーツの卓越した性能、ネイキッドモデルならではの扱いやすさと楽しめる走り、それらが融合した新次元ネイキッドバイクが、スズキGSRです。現在日本国内では、750,400,2500の3タイプが発売されています。...

≫続きを読む

ST250Eを高く売る裏ワザ暴露!!!

ST250E買取査定相場コラムST250Eバイクの特徴スズキからでているST250Eタイプバイクの特徴をみていきましょう。販売開始は2012年8月と新しめで、定地燃料は時速60キロメートルで走行した時に、1リットルあたり走れる距離は48キロメートルになります。中型バイクとしては、まずまずの性能のよさ...

≫続きを読む

V-Strom650(V−ストローム650)を高く売るなら<買取,査定,相...

V-Strom650(V−ストローム650)買取査定相場コラムスズキ V−ストローム650の特徴スズキの大型バイクであるV−ストローム650は、2013年発売の新型車両です。体感の重さからは、予想されないようなスムーズなハンドリングと、操縦の安定性があるため、事故の心配が少ない車種といえます。V-S...

≫続きを読む

イントルダークラシック400買取査定相場

イントルダークラシック400買取査定相場コラムスズキ イントルダークラシック400の特徴攻めの意識を強くしたことで生み出されたイントルダークラシック400は、典型的なバイクを基調にしながらも、世の中に1つしかないバイクといえます。パワーあふれる加速と、気持ちのよい鼓動感を創り出す、造形の美しいVツイ...

≫続きを読む

グラストラッカービックボーイを高く売るなら

スズキのグラストラッカービックボーイを1円でも高く買取してもらうなら、複数の買取会社に競争してもらいましょう!!!たったこれだけで、けっこう違ってきますよ(;^ω^)・スズキのグラストラッカービックボーイは、車検が必要ないので手軽に購入できるオートバイとして中古でも人気です。・でも、中古市場でも台数...

≫続きを読む

グラディウス400を高額で買取してもらえる方法

グラディウス400買取査定相場コラムグラディウス400の特徴スズキから発売されているグラディウス400は、ローマの剣士グラディエーターの短剣【グラディウス】を、モチーフにしたバイクです。排気量は400CCで、エンジンは近年よくみる水冷4ストロークDOHCV型2気筒となっています。フレームは古代ローマ...

≫続きを読む

スカイウェイブ650,400,250買取査定相場

スカイウェイブ650,400,250買取査定相場スカイウェイブ650,400,250の特徴スズキの人気スクーターシリーズの、スカイウェイブには排気量650CC、400CC、250CCの3種類があります。650は、2002年に発売された当時、世界最大とうたわれた、大型スクーターのパイオニアである車両で...

≫続きを読む